結婚・婚約応援団-行政書士佐々木隆昭事務所

プロフィール

1967年 6月 生まれる
1990年 3月 明治大学法学部法律学科卒業
2002年 1月 行政書士試験に合格。
2006年 4月 共著[スラスラ覚える行政書士合格ゼミ]発売
2006年 5月 NHK神戸放送局「ニュースKOBE発」にTV出演
2006年11月 日本テレビ「スッキリ!!」にTV出演
2008年 8月 東京都葛飾区から東京都足立区に事務所移転   

行政書士になる前

 子供の頃は、とにかく外でよく遊びました。特に小学校の頃は、学校から帰ってくると、大体「ただいま。」の直後に「行ってきます。」を言う感じで、ランドセルを玄関に放り投げて、遊びに行っていました。しかし、小学校高学年辺りから、少しずつ知的好奇心に目覚め始め、中学校に入る頃には、がらっぱちの優等生みたいな生徒になっておりました。がらっぱちと優等生は矛盾しそうなタイプですが、要するに、根っこの部分で性格はガキ大将だったのですが、それを小学生の頃のようには表に出さなくなったということですね。成績は何故か良かったので(笑)、一応、優等生と間違われたと言った方がいいかもしれません。受験勉強に関しては、高校受験も大学受験も、滑り止めにしか合格できませんでした。思い起こせば、家で勉強することがとても嫌いで、学校に行っているだけで受験は乗り切れると根拠のない自信をいつも持っていたため、大体、家ではテレビを見て寝るだけでした。その結果、「滑り止めのみ」ということでしたから、自業自得です(笑)。でも、大学ではいい友人と先生に出会うことができましたので、滑り止め人生というのも、まんざらではないと今では思っています。

 大学を卒業すると、すぐに就職して会社員になりましたが、頭の使い方を忘れそうになるくらい退屈に感じてしまい、また、全く別人のような自分を演じなければならないような状況にうんざりし、次第に脱サラを模索し始めました。
 そんな頃、なんとなく、流れのままに行政書士試験に合格しました。
本当は行政書士を目指していたのではなかったのですが、滑り止め人生を味わう事を選択し、開業する事になったのです。

行政書士になった後

 行政書士を開業してからは、この仕事の面白さを発見する毎日と言ってもいいと思います。開業後まず最初に、事務所のホームページを作成し、その後、ブログも綴るようになりました。
ブログというツールが世間ですっかり浸透したためか、一時期は、マスコミ関係者から、よく私のブログを見て電話がかかってくるようになりました。加えて、私の依頼人になる方は、私のブログをご覧になる方がとても多いという特徴があると思います。営業ツールとしてのブログの効果を実感したものでした。

 行政書士の業務としては、契約書作成の仕事が大きな割合を占めています。特に開業当初は、契約書の一つでもある離婚協議書の作成依頼がとても多かったといえます。これは、熟年離婚や年金分割といった社会現象や新たな制度を、マスコミが取り上げた影響が大きかったといえるでしょう。

セミナーについては、これまで、遺言・相続、離婚、悪徳商法、成年後見制度等の実績があります。

 〒123-0851
   東京都足立区梅田2-4-15-206号

   TEL:03-3887-7876

>>TOPページへ

inserted by FC2 system